自社サイトの作成におすすめのクラウドソーシング7選!選び方や利用時の注意点も紹介!

自社サイトの作成をクラウドソーシングで外注したいと考えている方はたくさんいるでしょう。
クラウドソーシングには、Web制作に強いフリーランスがたくさんいますので、利用するサービス選びさえ間違えなければ、満足のいくサイトに仕上げられます

ただ、Web制作を外注できるクラウドソーシングは非常に多くありますので、
どれを利用すればいいの?
と悩んでしまっている方もいるはずです。

そこでこの記事では、自社サイトの作成におすすめのクラウドソーシングを7つ紹介していきます。

この記事がオススメな人
  • 自社のホームページを作りたいと考えてている人
  • クラウドソーシングを活用するメリットとデメリットを知りたい人
  • おすすめのクラウドソーシングサイトを知りたい人

サブスクウェブのご案内

弊社では、制作費無料で運用費最大9,800円/月のみでホームページが所持できる
「サブスクウェブ」のサービスを提供しております。

  • HPを持ちたいけど制作費用が高すぎて手が出せない …
  • 必要なサイト更新やセキュリティ対策は丸投げしたい …
  • HPにかける予算は抑えて他の施策の資金に回したい …

そんな個人事業者や中小企業の方におすすめのサービスですので、最小限の予算で本格サイトを所持したい方は是非お問い合わせください。

目次

自社サイトの代表的な作成方法

自社サイトの代表的な作成方法

自社サイトの作成におすすめのクラウドソーシングを紹介する前に、まずは自社サイトの代表的な作成方法について詳しく見ていきましょう。

自社で作成

Web制作に関する知識とスキルを持つ人材が社内にいる場合は、内製することもできます。 自社でサイトを作成することによって、

  • コストを削減できる
  • 公開までの期間を短縮できる

というようなメリットを得られます。

ただし、自社にスキルと知識を持つ人材がいない場合、お手上げ状態になってしまうこともありますので注意が必要です。

制作会社に依頼

自社にWeb制作に長けた人材がいない場合は、Web制作会社に依頼するのもおすすめです。
Web制作会社は、サイト制作をはじめとする各種Web制作業務を得意としていますので、質の高いサイトを短期間で仕上げてくれます
また、知識とスキルを持った人材が多数在籍していますので、自社の希望や理想に沿った提案を受けられることもあります。

ただし、Web制作会社に依頼する場合は、比較的高額な費用がかかる場合が多いです。
サイトの規模や依頼内容によっては、100万円を超える費用がかかってしまうこともありますので注意しましょう。

フリーランスに依頼

自社サイトの制作は、Web制作に関する知識とスキルを持つフリーランスに依頼することもできます。
フリーランスというのは、会社などの組織に所属せず、個人で仕事を請け負っている人のことです。
Web制作をフリーランスに依頼するメリットは、

  • コストを抑えやすいこと
  • 納期などの融通が利きやすいこと
  • こまめに連絡を取りやすいこと

です。

事務所を構え、多数の従業員を雇用しているWeb制作会社とは違い、フリーランスは個人で活動していますので、経費を抑えやすいです。
その分、料金を安めに設定しているケースもありますので、
安く、質の高いサイトを作りたい
そう考えている方に最適と言えます。

ただし、フリーランスには必須資格などが存在しないため、それぞれで知識レベルやスキルレベルが異なります。
中には、自称フリーランスの初心者が交ざっていることもありますので、依頼する相手は慎重に選ばなければなりません。

自社サイトの代表的な作成方法

  • 自社で作成
  • 制作会社に依頼
  • フリーランスに依頼

クラウドソーシングで自社サイトの作成を行うメリット

クラウドソーシングで発注するメリット

では次に、クラウドソーシングで自社サイトの作成を行うメリットについて詳しく見ていきましょう。

専門知識と経験を兼ね備えたフリーランスを見つけられる

クラウドソーシングには、知識とスキル、それから経験を兼ね備えたフリーランスが多数存在しています。
募集をかけるだけで、たくさんのフリーランスから提案及び営業を受けられますので、自社に合った人材を見つけやすいと言えるのです。

中には、大手企業や有名企業のサイト制作に携わったプロフェッショナルな人材と出会えるケースもありますので、積極的に活用していくことをおすすめします。

低コストで作成できる可能性が高い

クラウドソーシングには、優秀なフリーランスがたくさんいます。
先ほども解説したように、フリーランスは企業に比べると経費がかかりにくいため、その分安い金額で請け負ってくれる可能性が高いです。

場合によっては、Web制作会社に依頼するよりもはるかに安い金額で対応してくれることもありますので、低コストで自社サイトを作成したいと考えている方に最適と言えます。

エスクローサービスを利用できる

クラウドソーシングの利用を検討している方の中には、
料金を持ち逃げされたらどうしよう・・・
という不安を抱えている方もいるでしょう。

ただ、どのクラウドソーシングも「エスクローサービス」という、仮払いシステムを採用しています。
これは、発注者から入金されたお金を、一旦運営が預かり、納品が完了した段階で受注者に支払うという仕組みです。
この仕組みがある以上、料金を持ち逃げされる心配はありません。

無料で使える

クラウドソーシングの多くは、登録料や利用料を無料に設定しています。
受注者も発注者も無料で使えますので、自社サイト制作以外の無駄なコストを徹底的に省けます。
こう聞いて、
クラウドソーシングはどうやって利益を上げているの?
という疑問を持つ方もいると思いますが、クラウドソーシングは、取引が完了した際の手数料で利益を上げているのです。

手数料以外に運営に支払う費用は一切ありませんので、安心して依頼できます。

クラウドソーシングで発注するメリット

  • 専門知識と経験を兼ね備えたフリーランスを見つけられる
  • 低コストで作成できる可能性が高い
  • エスクローサービスを利用できる
  • 無料で使える

クラウドソーシングで自社サイトの作成を行うデメリット

クラウドソーシングで発注するデメリット

では次に、クラウドソーシングで自社サイトの作成を行うデメリットについて詳しく見ていきましょう。

自社に合った人材を見つけるのが難しい

クラウドソーシングには、たくさんのフリーランスがいます。
ただ、先ほども解説したように、フリーランスの知識レベルやスキルレベルにはばらつきがありますので、自社に合った人材を見つけるのはかなり難しいです。

知識レベルやスキルレベルが高いフリーランスだけが応募してきてくれる場合は選考も簡単になりますが、案件の募集をかけると上級者に交じって初心者も一緒に提案をしてくることがほとんどです。

そのため、応募者の経歴や実績を1つずつ確認して、ふるいにかけるという作業を行わなければなりません。
応募者の数が多くなればなるほど負担が大きくなりますので、応募条件を設けるなどして対応していく必要があります。

手数料がかかる

先ほども解説したように、クラウドソーシングは受注者や発注者、あるいはその両方から手数料を取ることで利益を上げています。
クラウドソーシングによって手数料率は異なりますが、15%から25%の間に設定していることが多いです。

手数料が発生するということは、案件を委託する際の単価に加えて、手数料を上乗せして支払う必要が出てくるということですので、余計なコストがかかってしまいます。
金額が大きくなればなるほど、手数料も高額になりますので注意しましょう。

自称「クリエイター」も存在している

先ほども解説したように、クラウドソーシングには知識レベルやスキルレベルが異なる様々なフリーランスが存在しています。
自社に合った、優秀な人材を採用できればトラブルなく進められますが、うっかり初心者や自称クリエイターを採用してしまった場合、トラブルに発展したり、期待通りのクオリティに仕上がらなかったりする可能性が高くなります

そうなった場合は、修正依頼をかけなければなりませんが、そもそも依頼しているフリーランスにスキルと知識がない場合、何度修正をかけても求めているクオリティにならないことがありますので、依頼する相手はとにかく慎重に選んでいかなければなりません。

クラウドソーシングで発注するデメリット

  • 自社に合った人材を見つけるのが難しい
  • 手数料がかかる
  • 自称「クリエイター」も存在している

クラウドソーシングで依頼できるサイト制作以外の業務とは?

クラウドソーシングで依頼できる業務とは?

クラウドソーシングで依頼できるのは、サイト制作だけではありません。
以下、クラウドソーシングで依頼できるサイト制作以外の業務について詳しく見ていきましょう。

ライティング業務

クラウドソーシングでは、ライティング業務も依頼できます。

  • 自社サイトに掲載するコラム記事
  • SNSでの情報発信に利用する文章

などをまとめて依頼できますので、担当者の手間や負担を軽減できます。

実際に、自社サイトに投稿する記事の作成を、クラウドソーシングを利用しているWebライターに全て委託している会社も多くありますので、業務効率や生産性の向上を図りたい方は是非活用してみてください。

広告運用業務

インターネット広告は、商品やサービスを宣伝するのに効果的な手法です。
ただ、広告運用を行う際は、アカウント設定や分析などが必要になりますので、手間と時間がかかります
また、マーケティングに関する専門的な知識とスキルも必要になりますので、広告運用に長けた人材が社内にいない場合は、効率良く広告を回せなくなってしまう可能性があるのです。

そんな時でも、クラウドソーシングを利用すれば、広告運用に強みを持つフリーランスを効率よく見つけられますので、手間と時間を削減しながら広告運用が行えるようになります。

また、クラウドソーシングに登録しているフリーランスに広告運用を委託することによって、広告運用会社に委託するよりもコストを抑えられるケースがありますので、気になる方は是非試してみてください。

SNS運用業務

インターネット社会となった現代において、SNSはビジネスにおける必須ツールとなっています。
多くの企業が自社でSNSアカウントを作成し、

  • 会社紹介
  • 商品紹介
  • サービス紹介

を行っています。

ただ、SNS運用にはかなりの手間と時間がかかりますし、専門的な知識やノウハウも必要です。
自社内にSNS運用に長けた人材がいない場合、苦戦してしまうこともあります。

そのような場合でも、クラウドソーシングを利用すれば、SNS運用に長けたフリーランスをすぐに見つけられますので、新たにSNS運用に長けた人材を採用することなく、すぐに運用を開始できるようになります。

コンサル業務

クラウドソーシングには、コンサル業務を行っているフリーランスもたくさんいます。
経営コンサルやSNSコンサル、Webコンサルなど様々な専門知識とスキルを持った人材がいますので、自社の課題やトラブル解決をしたいと考えている方にはおすすめです。

クラウドソーシングで活動しているコンサルは、基本的にフリーランスとして活動していますので、コンサル会社に依頼するよりも安く依頼できるケースが多いです。

データ入力業務

会社を運営していくうえでは、コア業務だけではなく、売上や利益に関係のない雑務を行う必要が出てきます。
これらを車内の人間が行うと、コア業務に割ける人材が少なくなり、売上や利益を圧迫してしまう可能性があります。

このような場合にも、クラウドソーシングの活用がおすすめです。
クラウドソーシングには、副業に挑戦している方や、隙間時間を有効活用して稼ぎたいと考えている主婦がたくさんいますので、このような雑務もまとめて依頼できます

クラウドソーシングで依頼できるサイト制作以外の業務

  • ライティング業務
  • 広告運用業務
  • SNS運用業務
  • コンサル業務
  • データ入力業務

自社に合ったクラウドソーシングの選び方

クラウドソーシングの選び方

では次に、自社に合ったクラウドソーシングの選び方について詳しく見ていきましょう。

操作性

クラウドソーシングを選ぶ時は、操作性に注目することが大切です。
どのクラウドソーシングも、見やすくて使いやすい設計になっていますが、それぞれのサービスによって操作性が若干異なります

中には、若干複雑な仕様になっているものもありますので、複数のサービスを使ったうえで、最も使いやすいクラウドソーシングを探していきましょう。

利用者数

クラウドソーシングを使って、業務を効率的に回していくためには、利用者数の多さを確認することが大切です。
利用者数が多いということは、それだけ受注者が多いということですので、自社に合った人材を見つけやすくなります

利用者数については、各サービスの公式サイトに掲載されていることが多いため、利用する前に確認しておくことをおすすめします。

機能性

クラウドソーシングによって、機能性が大きく異なります。
ビデオ通話ができたり、受注者に対して直接スカウトができたりする機能を搭載しているクラウドソーシングもありますので、複数のサービスを徹底的に比較したうえで、自社が求めている機能を搭載しているサービスを探していきましょう

個人事業者、法人から絶大な人気を集めているクラウドソーシング7選!

おすすめのクラウドソーシング7選

では次に、個人事業者や法人から絶大な人気を集めているクラウドソーシングを7つ紹介していきます。
「どのサービスを使えばいいかわからない・・・」
と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズは、国内最大級の規模を誇るクラウドソーシングサービスです。
個人事業者や中小企業だけでなく、大手企業も業務のアウトソーシングに活用しているサービスとなっていますので、信頼性や安全性は抜群と言えます

自社サイトの作成だけでなく、

  • コンサルティング
  • システム開発
  • ライティング
  • デザイン
  • 動画編集
  • データ入力

など、様々な業務を依頼できますので、アウトソーシングによって業務効率や生産性を向上させたいと考えている方におすすめです。

また、こちらのクラウドソーシングは基本的に「募集型」のサービスとなっていて、発注者が依頼したい案件を募集して、受注者がそれに対して提案を行うという形ですので、自ら依頼先を探し回る必要がありません

ただし、とにかく利用者が多いサービスとなり、上級者に交じって初心者が応募してくるケースもありますので、時間をかけて慎重に選考を行うことが大切です。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスも、ランサーズと肩を並べる大規模クラウドソーシングサービスです。
ワーカー数が443万人以上となっていますので、たくさんのフリーランスから自社に合った人材を見つけられます。

Web制作に長けた人材もたくさんいますので、低コストでクオリティの高いサイトに仕上げたいと考えている方には最適と言えるでしょう。
こちらのサービスも、ランサーズ同様「募集型」のサービスとなっていますので、案件を募集するだけでたくさんの提案を受けられます

ただ、クラウドワークスも利用者が非常に多く、中には隙間時間で作業をしている副業人材や、Web制作を始めたばかりの初心者もいますので、慎重に選考を行うようにしましょう。

ココナラ

 ココナラ

ココナラは、スキルや知識を売り買いできるプラットフォームです。
テレビCMも行っており、2021年には東証グロース市場への上場も果たしていますので、信頼性や安全性は物凄く高いと言えます。

クラウドワークスやランサーズと違う点は、出品型のサービスであるということです。
ココナラは、受注者が自分のスキルや知識に沿ったサービスを出品し、それに対して発注者が依頼するという形になります。

ココナラを利用することによって、依頼したい業務に合ったサービスを探して、自社から声をかけることができますので、
「たくさんの募集の中から自社に合った人材を絞り込むのが面倒くさい」
という方におすすめです。

Bizseek

Bizseek

クラウドソーシングを利用する際に忘れてはいけないのが、手数料の存在です。
手数料があると、発注金額に手数料分が加算されますので、合計支払金額が増えてしまいます。
手数料は、発注金額の〇%という形で計算されることが多いため、支払金額が高額になりがちなWebサイト制作においては特に注意しなければなりません。

そんな手数料を業界最安値に設定しているのが、Bizseekというサービスです。
手数料が5%から10%と、クラウドソーシングの中ではかなり安い部類に入りますので、お得に業務を依頼したいと考えている方に最適と言えます。

システム開発やデザイン、ライティングなど、様々な業務にも対応していますので、アウトソーシングに力を入れていきたい企業にも最適です。

ただし、Bizseekは他のクラウドソーシングに比べるとまだまだ知名度が低く、利用者や実績数ともに少なめになっていますので注意しましょう。

shufti

shufti

Shuftiは、文字通り「主婦」を中心とした在宅ワーカーが登録しているクラウドソーシングサービスです。
隙間時間を有効活用したいと考えている主婦が多数在籍していますので、ちょっとした業務を依頼するのに最適と言えます。
中には、Web制作に長けたワーカーもいますので、
できるだけ安く自社サイトを作成したい
と考えている方におすすめです。

手数料は10%と、クラウドソーシングの中では比較的安い方ですので、余計なコストを抑えたいと考えている方にもぴったりと言えるでしょう。

ただ、shuftiはどちらかというとデータ入力などのタスク案件がメインとなっており、高度な知識や専門知識を有する案件については応募者が少なくなる傾向にありますので、別のクラウドソーシングと並行して活用するのがおすすめです。

Anycrew

Anycrew

Anycrewは、Facebookやサイト上での繋がりをもとに、仕事の依頼先を選ぶクラウドソーシングサービスです。
かなり本格的なサービスとなっており、Web制作系ベンチャー企業出身者をはじめとするハイクラス層が揃っています。

様々な案件を募集できるサービスではありますが、特にIT技術者のレベルが高いサービスとなっていますので、自社サイトの作成には最適と言えるでしょう。
また、有料のエージェントプランでは、担当者が募集や選定を代行し、最適な人材を提案してくれます。
手間のかかる業務を丸投げできるため、とにかく効率を重視している方は是非活用してみてください。

クラウディア

クラウディア

クラウディアは、ランサーズやクラウドワークスと肩を並べる大手クラウドソーシングサービスです。
手数料が3%~15%とかなり安く、多くのユーザーから支持されています。

GMO MEDIAや西日本新聞など、国内有数の大手企業が登録していることも、注目すべきポイントと言えます。

クラウドソーシング利用時の注意点

クラウドソーシング利用時の注意点

では最後に、クラウドソーシングを利用して、サイト制作をはじめとする様々な業務を外注する時の注意点について詳しく見ていきましょう。

直接取引は絶対NG

どのクラウドソーシングも、基本的にはサービス内での取引をルール化しています。
なぜなら、クラウドソーシングはサイト内取引で発生する「手数料」で利益を上げているからです。
中には、
手数料を省きたい
と考え、直接取引を持ち掛けてしまう方もいるのですが、これをやるとアカウント停止などのペナルティを受けてしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

クラウドソーシングで人材を募集するのであれば、最後までサービス内で取引することを強くおすすめします。

安ければ良いということではない

クラウドソーシングを活用することによって、知識レベルやスキルレベルが高く、尚且つ経験豊富なフリーランスを見つけやすくなります。
ただ、サイト作成においては「品質」が物凄く重要であり、安ければいいということではありません
料金だけにフォーカスしてしまうと、知識やスキルが伴っていない初心者フリーランスに当たってしまうこともあり、そうなれば期待しているクオリティに仕上げられなくなりますので注意してください。

要望や希望を具体的に伝える

クラウドソーシングでサイト制作をはじめとする各種業務を発注する場合、基本的にはチャットを使ったオンラインでの取引となります。
ビデオ通話ができるサービスもありますが、直接会って打ち合わせをするというのは中々難しいです。

チャットでコミュニケーションを取る場合、どうしても意思疎通が難しくなり、認識の相違が起こりやすくなります
このようなトラブルを避けるためにも、とにかく丁寧に打ち合わせやすり合わせを行い、認識を統一したうえで発注することが大切です。

クラウドソーシング利用時の注意点

  • 直接取引は絶対NG
  • 安ければ良いということではない
  • 要望や希望を具体的に伝える

まとめ

今回のまとめ

自社サイトの作成は、内製もしくはWeb制作会社に委託するのが一般的ですが、クラウドソーシングを活用してフリーランスに委託するというのも1つの方法です。
クラウドソーシングには、質の高いフリーランスが多数在籍しており、尚且つエスクローサービスなどもありますので、安心して依頼できます。

ただし、クラウドソーシングにはたくさんの種類があり、それぞれで特徴が大きく異なりますので、今回紹介したことを参考にしながら、自社に合ったサービスを慎重に探していきましょう。

サブスクウェブのご案内

弊社では、制作費無料で運用費最大9,800円/月のみでホームページが所持できる
「サブスクウェブ」のサービスを提供しております。

  • HPを持ちたいけど制作費用が高すぎて手が出せない …
  • 必要なサイト更新やセキュリティ対策は丸投げしたい …
  • HPにかける予算は抑えて他の施策の資金に回したい …

そんな個人事業者や中小企業の方におすすめのサービスですので、最小限の予算で本格サイトを所持したい方は是非お問い合わせください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅沼 健祐のアバター 菅沼 健祐 Webコンサルタント

「WEBでヒトを集め、モノを売る」をテーマにWebマーケティング支援の事業をしております。集客の悩み、リピート率の悩み等ございましたらお気軽にご連絡ください。

目次