ホームページって本当に必要?制作するメリット、デメリットを徹底解説!

この記事がオススメな人
  • ホームページの必要性が分からない人
  • 自社のホームページ制作を検討中で迷っている人

個人事業主として活動している方、起業して間もない方の中には、
「ホームページって必要なのかな?」
という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、ホームページを制作するメリットやデメリット、制作時の注意点について詳しく解説していきます。

目次

ホームページを制作するメリット

ホームページを制作するメリット

では早速、ホームページを制作するメリットについて詳しく見ていきましょう。

名刺代わりになる

ネット社会の現代において、ホームページは個人事業主や企業の名刺代わりとなります。
ホームページを持っているだけで、

  • どのようなサービスを提供しているのか
  • どのような人物(会社)なのか

を伝えられるため、クライアントをはじめとする取引先から信頼を得やすくなるのです。
その結果、問い合わせや案件の受注にも繋げやすくなります。

最新情報を発信できる

最新情報を発信できるということも、ホームページを持つメリットです。
イベントの告知や新サービスのリリース、新規設備の導入など、見込み顧客をはじめとするステークホルダーに有益な情報を発信できるため、興味や関心を持ってもらいやすくなります。

低コストで運用できる

ビジネスを軌道に乗せるためには、サービスや商品の宣伝を行う必要があります。広告やチラシなどで宣伝するという方法もありますが、これらの方法には多くの費用が伴います。

ホームページの場合、制作時にある程度まとまったコストがかかりますが、一度制作してしまえば後は低コストで運用できるため、長期的に見ると広告宣伝費の削減に繋げやすくなるのです。

問い合わせや集客に繋げやすくなる

ホームページを制作することによって、問い合わせや集客に繋げやすくなります。
なぜなら、お問い合わせフォームの設置や電話番号の記載によって、ターゲットが気軽に問い合わせできる環境を構築できるからです。

ホームページを制作して、ネット集客の仕組みを構築すれば、マーケティング活動における手間と負担を軽減できるようになりますので、効率的に売上を伸ばせるようになります。

企業の独自性、魅力をアピールしやすい

ホームページは、個人事業主や企業の特色をアピールできるツールでもあります。
他とは違うオリジナリティ溢れるホームページを制作することによって、

  • 自社名
  • 自社商品
  • 自社サービス
  • 代表者の特徴

などを覚えてもらいやすくなるのです。

採用活動にも効果的

ビジネスが軌道に乗ってくると、自分一人では業務が追いつかなくなります。
そうなれば、業務拡大のために人材を募集する必要が出てきます。
ホームページを制作しておくことによって、

  • 自社がどのような商品、サービスを提供しているのか
  • どのような理念の元で活動しているのか
  • どのようなキャリアステップがあるのか
  • どんな環境なのか

をアピールしやすくなりますので、求人募集がスムーズに行えるようになるのです。

また、求人サービスなどを利用せずとも人を集められることもありますので、採用コストの削減にも繋げやすくなります

ホームページを制作するメリット

  • 名刺代わりになる
  • 最新情報を発信できる
  • 低コストで運用できる
  • 問い合わせや集客に繋げやすくなる
  • 企業の独自性、魅力をアピールしやすい
  • 採用活動にも効果的

ホームページを制作するデメリット

ホームページを制作するデメリット

では次に、ホームページを制作するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

コストがかかる

HTMLやCSSなど、ホームページ制作に必要な知識とスキルがある方は、自分でホームページを制作できますので、ほとんどコストはかかりません。

ただ、ホームページ制作を外注する場合は、かなりまとまったコストがかかってきます
ホームページの規模やこだわり条件によっては、数十万円単位のコストがかかってきますので注意が必要です。

運用に知識とスキルが必要

ホームページの魅力や効果を引き出すためには、正しい方法で運用していかなければなりません。
ホームページの運用には、

  • SEO
  • ライティング

など、様々なスキルや知識が必要です。

これらの知識が一切ない場合、どれだけ魅力的なホームページを作れたとしても効果を実感できなくなってしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

必ず効果が出るとは限らない

ホームページは、ビジネスにおける必須ツールとも言えるほど重要なものですが、制作したからと言って必ずしも効果が出るとは限りません

運用に必要な知識とスキルが不足していたり、目的が明確になっていなかったりすると、狙っている効果を引き出せなくなりますので、慎重に制作及び運用をしていく必要があります。

ホームページを制作するデメリット

  • コストがかかる
  • 運用に知識とスキルが必要
  • 必ず効果が出るとは限らない

ホームページを制作する時の注意点

ホームページを制作する際の注意点

では最後に、ホームページを制作する時の注意点について詳しく見ていきましょう。

目的を明確にする

ホームページというのは、ただ作ればいいというものではありません。
効果を最大限に引き出すためには、目的を明確にしたうえで制作に取り掛かることが大切です。
目的が、ブランディングなのか、商品やサービスの宣伝なのかによっても、ホームページの作り方が変わってきます。

目的がはっきりしないと、誰にも刺さらない中途半端なホームページになってしまう可能性が高くなりますので注意してください。

制作コスト以外の部分も注目する

先ほども解説したように、ホームページの制作を外部に委託する場合は、ある程度まとまったコストが必要になります。多くの方は、この制作コストばかりに気を取られてしまうのですが、制作後に発生するコストについても考えておかなければなりません

ホームページのランニングコストで代表的なのは、

  • コンテンツ制作費
  • 保守管理費
  • SEO対策費

などです。

これらのコストを計算に含めておかないと、
「こんなにコストがかかると思っていなかった・・・」
という状況に陥る可能性が高くなります。

余裕を持って準備を始める

ホームページ制作に関する知識とスキルがない場合は、専門の業者やフリーランスに委託するのがおすすめです。
ただ、ホームページ制作にはある程度の時間がかかりますので、余裕を持って準備を始めることが大切です。

特に、こだわりポイントが多い場合は、制作に数か月以上かかることもありますので、できるだけ早く準備や計画を進めていきましょう。

自社に合った依頼先を慎重に選ぶ

ホームページ制作を外部に委託したいと考えている方の中には、
「どこに依頼すればいいかわからない」
と悩んでしまっている方も多くいるでしょう。

それもそのはず、ネット社会となり、ホームページの需要が伸びている現代においては、ホームページ制作を請け負っている企業やフリーランスが急増しています。
それぞれの企業、フリーランスが独自のサービスを打ち出しているため、どこに依頼すればいいかわからなくなってしまうのです。

中には、
「よくわからないから」
「料金が安いから」
という理由で適当に依頼先を決めてしまう方もいるのですが、これをやると契約後に後悔したり、トラブルに発展したりする可能性が高くなりますので注意してください。

ホームページを制作する時の注意点

  • 目的を明確にする
  • 制作コスト以外の部分も注目する
  • 余裕を持って準備を始める
  • 自社に合った依頼先を慎重に選ぶ

まとめ

今回のまとめ

ホームページは、個人事業主や法人にとっての名刺代わりです。
現在においては、ホームページを持っているのが当たり前となっており、ホームページがないという理由だけでネガティブなイメージを持たれてしまうケースもありますので、早急に制作することをおすすめします。

ただ、ホームページにはメリットだけでなく、いくつかデメリットも存在していますので、それぞれを正しく把握したうえで、目的やイメージに沿ったホームページを慎重に制作していきましょう。

【自社でHPを作成したい方】

弊社では、WEB制作未経験でもできる“売れる”ために必要な全てが詰まった
HP制作講座を提供しております。

  • HP制作の費用相場が高すぎて手が出せない
  • 自社で定期的なメンテナンスをしていきたい
  • 予算をおさえて自社でHPを制作&運用したい

自業者の方にも大変好評ですので、自社でサイトの運営を希望される方は是非ご活用ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅沼 健祐のアバター 菅沼 健祐 Webコンサルタント

「WEBでヒトを集め、モノを売る」をテーマにWebマーケティング支援の事業をしております。集客の悩み、リピート率の悩み等ございましたらお気軽にご連絡ください。

目次