ホームページ制作を外注するメリット、デメリットは?代表的な依頼先も紹介!

ホームページの制作を検討している方の中には、
プロに外注した方がいいのかな?
どこに依頼すればいいの?
という疑問、不安を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、ホームページ制作を外注するメリットやデメリット、おすすめの依頼先について詳しく解説していきます。

この記事がオススメな人
  • 自社サイトを自社で作ろうか外注しようか迷っている人
  • 外注する際の注意点を事前に知っておきたい人
目次

ホームページ制作を外注するメリットは?

ホームページを外注するメリット

まずは、ホームページ制作を外注するメリットについて詳しく見ていきましょう。

クオリティの高いホームページを制作できる

ホームページ制作をプロに外注することによって、クオリティの高いホームページを作れるようになります
クオリティの高いホームページを作ることによって、

  • ブランディング
  • 集客
  • 採用

などにも良い影響を与えられるのです。

アドバイスや提案を受けられる

ホームページ制作を外注することによって、知識やスキル、経験を兼ね備えたプロによるアドバイスや提案を受けられます
プロ目線でのアドバイスを受けることによって、自分でも気づかなかった欠点や改善点などに気づけるため、ホームページのクオリティをより高められるようになるのです。

コア業務に集中できる

ホームページ制作には、かなりの手間と時間がかかります
こだわりポイントが多い場合は、数か月以上の時間がかかってしまうことも珍しくありません。
無料で使えるホームページ制作サービスを利用することによって、短期間で自社ホームページを作れるようになりますが、自ら編集する場合はある程度の時間を確保する必要があります。

プロに依頼することによって、丸投げというわけにはいきませんが、ホームページ制作に関するほとんどの業務を依頼できますので、売上に直結するコア業務に集中できるようになるのです。

ホームページ制作を外注するメリット

  • クオリティの高いホームページを制作できる
  • アドバイスや提案を受けられる
  • コア業務に集中できる

ホームページ制作を外注するデメリットは?

ホームページを外注するデメリット

では次に、ホームページ制作を外注するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

コストがかかる

ホームページをプロに外注する場合、ある程度まとまったコストがかかります。
具体的なコストについては、依頼する業者や内容、こだわりポイントなどによっても異なりますが、数万円から数十万円、場合によっては100万円を超えるコストがかかることもありますので注意が必要です。

ただ、制作時にまとまったコストがかかることはデメリットと言えるかもしれませんが、制作後に得られる効果などを考えるとお得な初期投資とも言えますので、短期目線ではなく中長期目線で検討するようにしましょう。

自社に合った依頼先を見つけるのが難しい

ホームページの需要が高まっている昨今においては、ホームページ制作に対応している会社やフリーランスが急増しています。
それぞれの会社、フリーランスが魅力的なサービスを打ち出していますので、
どこに依頼すればいいかわからない・・・」 となってしまう方も多いです。

中には、
「よくわからないから」
「料金が安いから」
という理由で、適当に依頼する会社、フリーランスを選んでしまう方もいるのですが、これをやると後悔する可能性が高くなりますので、時間をかけてじっくりと外注先を探していきましょう。

ホームページ制作を外注するデメリット

  • コストがかかる
  • 自社に合った依頼先を見つけるのが難しい

ホームページ制作の代表的な依頼先

ホームページ制作の代表的な依頼先

ホームページ制作の代表的な依頼先は、

  • フリーランス
  • ホームページ制作会社

上記2つです。

以下、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

フリーランス

フリーランスというのは、企業や団体に所属せず、個人で案件を請け負っている人のことを指します。
ホームページをフリーランスに依頼するメリットは、

  • 時間の融通が利きやすいこと
  • 制作会社に比べて単価を抑えやすいこと

です。

ただし、フリーランスによって知識やスキル、経験にばらつきがあり、外注先を間違えるとイメージ通りの仕上がりにならなくなりますので注意が必要です。

ホームページ制作会社

ホームページ制作会社は、個人ではなく、組織でホームページ制作を請け負っています。

  • 営業担当
  • ディレクター
  • コーダー

など、それぞれの役割が決まっていますので、スムーズに案件を進行できます。
そのため、フリーランスに依頼する場合に比べると短期間で仕上げられる可能性が高いと言えるのです。
ただし、より多くの制作コストがかかる分、単価も跳ね上がる傾向にありますので注意しましょう。

ホームページ制作を外注する前にやっておくべき準備

外注する前の事前準備

では最後に、ホームページ制作を外注する前にやっておくべき準備について詳しく解説していきます。

必要な情報をまとめておく

ホームページ制作を外注する際は、事前に必要な情報をまとめておくことが大切です。

  • 目的
  • ターゲット
  • 予算
  • 盛り込みたい内容(こだわり)

などを明確にしておくことによって、すり合わせもスムーズに行えますし、認識の相違なども減らせるようになります。

必要な情報がまとまっていなかったり、丸投げしてしまったりすると、イメージと全く違うホームページになる可能性が高くなりますので、まずは自分の中でイメージを明確化させておきましょう。

相場を調べておく

ホームページ制作には、決して安くない費用がかかります。
多くの方が、
「できるだけ安く、質の高いホームページを作りたい」 そう考えているでしょう。

予算の中でクオリティの高いホームページ制作するためには、相場を確認しておくことが大切です。
先ほども解説したように、ホームページ制作のコストは依頼先や内容などによって大きく異なるため、一概に断言することはできません。
ただ、ざっくり相場観を調べておくだけでも予算の調整がしやすくなりますので、インターネットなどで相場を調べたうえで準備を進めていくことをおすすめします。

相見積もりを取る

より正確な費用感が知りたいという場合は、複数の会社から見積もりを取るのがおすすめです。
1社だけだと相場観が掴めませんが、相見積もりを取ることによって、全体的な相場観や会社ごとのサービス内容、割引内容などを把握できます。

相見積もりを取り、多くの情報を入手することによって、予算の調整や依頼先の選定なども行いやすくなるのです。

納期を確認する

ホームページ制作には、数週間から数か月ほどの期間がかかるのが一般的です。
こだわり要素が多くなればなるほど、さらに時間がかかります。
急ぎでない場合はさほど気にする必要はありませんが、
「すぐにでも公開したい」
「〇月までに公開したい」
という希望がある場合は、その旨を制作会社やフリーランスに伝えたうえで、納期を調整していかなければなりません。

この時に注意すべきなのが、何を持って納期とするかということです。
依頼先によっては、ホームページができあがった日を納期とすることもありますし、修正やフィードバックを反映させた日を納期とすることもあります。

納期について認識の相違があると、大きなトラブルに発展する可能性が高くなりますので注意しましょう。

外注する前にやっておく準備

  • 必要な情報をまとめておく
  • 相場を調べておく
  • 相見積もりを取る
  • 納期を確認する

まとめ

今回のまとめ

クオリティの高いホームページを制作したいという場合は、フリーランスや制作会社など、プロに依頼するのがおすすめです。
プロに依頼することによって、アドバイスや提案を受けられるようになりますし、コア業務にも集中できるようになりますので、一石二鳥と言えます。

ただし、コストがかかったり、依頼先の選定に時間がかかったりというデメリットもありますので、慎重に検討していかなければなりません。

また、ホームページ制作をフリーランスに依頼するか、制作会社に依頼するかによっても料金や納期などが大幅に変わってきますので、事前に情報収集をしたうえで、目的や用途、予算に合った依頼先を選定していきましょう。

サブスクウェブのご案内

弊社では、制作費無料で運用費最大9,800円/月のみでホームページが所持できる
「サブスクウェブ」のサービスを提供しております。

  • HPを持ちたいけど制作費用が高すぎて手が出せない …
  • 必要なサイト更新やセキュリティ対策は丸投げしたい …
  • HPにかける予算は抑えて他の施策の資金に回したい …

そんな個人事業者や中小企業の方におすすめのサービスですので、最小限の予算で本格サイトを所持したい方は是非お問い合わせください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅沼 健祐のアバター 菅沼 健祐 Webコンサルタント

「WEBでヒトを集め、モノを売る」をテーマにWebマーケティング支援の事業をしております。集客の悩み、リピート率の悩み等ございましたらお気軽にご連絡ください。

目次